SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

RYUKYUDISKO

RYUKYUDISKO

沖縄県出身。YAPANとTetsushi Hiroyama二人からなる双子テクノ・バンド。
RYUKYU=沖縄音楽、DISKO=ディスコ・ミュージック、ダンス・ミュージック。これらの音楽スタイルを融合することによってRYUKYUDISKOとしての活動が始まる。
DJで沖縄のクラブを訪れていた石野卓球に自ら声をかけ、作品のデモテープを渡したことがきっかけとなり、2004年6月に石野卓球が主宰するレーベル“Platik(プラティック)”からデビュー・ミニ・アルバ ム『LEQUIO DISK(レキオ・ディスク)』をリリース。
7月には国内最大のテクノフェスティバルWIRE04(横浜アリーナ)に出演。“これまでにないテクノ・ ミュージック”の噂を聞きつけた人々が、そのライブを一目観ようと殺到し、多数のフェスで入場規制がかかった。同年11月には、大好評を得たWIRE04でのライブパフォーマンスを収録したDVD『LEQUIO LIVE -LIVE at WIRE04-』を発売した。
2005年3月には、豪華ゲスト陣(石野卓球、TOBY、NAOTO等)とのコラボレーションを実現した待 望のファースト・フル・アルバム『RYUKYUDISK O TECH(琉球ディスコテック)』を発売。さらに 6月、初の本格的ボーカルトラックを収録したマキシ・シングル「CHURAZIMA(美ら島)」をリリースし、その新曲を携えてWIRE05、FUJI ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、 SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVALと、数ある夏フェスを総なめにした。年末には 日本最大の冬のロックフェスティバルCOUNTDOWN JAPAN 05/06(幕張メッセ)にも出演し、ロックファンにもその存在を十分にアピールした。
2006年1月~2月、初の全国DJツアー『Pitchwork DJ Tour 2006』(全13公演)を実施。ちなみ にこのツアータイトルは、自身がレジデントを務め、定期的に沖縄で行っているレギュラーパーティ-の名 前である。同年7月には、約1年ぶりとなる待望のセカンド・アルバム『PEEKAN(ピーカン)』をリ リース。前作よりも、さらに幅を広げた沖縄産ダンスミュージックの名盤とともに、前年に引き続き数多く のフェスに出演。さらにこの年には、前年に続くアジア各国(香港、台湾、韓国など)へのツアーに加え、 初のヨーロッパ公演となるロンドンでのライブも果たした。
2007年、活動の拠点をキューンレコードに移し、6月発売のファースト・シングル「NICE DAY feat. BEAT CRUSADERS」を皮切りに、「ナサキ feat. MONGOL800」(7月発売)、「夢の FUTURE feat. KOTOMI」(8月発売)とコラボレーション・シングルを3枚連続リリース。続いて8 月29日には約1年ぶりとなるオリジナル・サード・アルバム『INSULARHYTHM(インスラリズム)』 と、Platik時代の未発表曲やRemixを含むレア音源集『R3(アール・スリー)』を2枚同時リリースし、 その音源を携えて、初の全国ワンマンライブツアーも行うなど、これまでにも増して精力的に活動を行う。
2008年には例年同様に数々の音楽フェスへの出演を果たしつつ、実弟でもあるORANGE RANGEの NAOTOをフィーチャーした「OK Sampler」、NHKの番組『トップランナー』のテーマソングでもあ る「Top of the Island」と、2枚のシングルを発表。
2009年、多和田えみや城南海、さらには曽我部恵一やiLL、そしてMEG、さらにはDachamboや BLACK BOTTOM BRASS BANDなど数々のヴォーカリストやミュージシャンをフィーチャーし、 RYUKYUDISKO史上最もカラフルにしてポップな内容に仕上げられた通算4枚目となるアルバム 『pleasure』を9月23日に発表。
また、自身の音源のみならず、数多くのアーティストのリミックスを担当しており、また、共同プロデュース等も積極的に参加。センセーショナルなデビュー以降、注目度がまったく落ちない、新しいスタイル、そして新しいスタンスのクラブ系アーティストである。
そして2013年、デビューより10周年を迎えるにあたり新たな活動の拠点として「@DISKO(あっとでぃすこ)」を設立し キューンから独立。春にはデビュー10周年のB2BスタイルでのDJツアーを予定。現在 アルバムリリースに向けて沖縄のスタジオにて製作中である。