SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

shoWWgo

shoWWgo

00年代にDJをスタート。本格的なClubシーンへの登場は2010年からと遅いキャリアスタートであるにも関わらず、当時Open Formatスタイルのプレイで東京のシーンにて頭角を現し、現在ではSound Museum VISIONにて毎月開催されている平均収容1500人のBig Event”Girls Festival”や同様に4桁収容が常の”VISION祭り”シリーズ、さらには自身の看板イベント”Party Monster”でメインフロアを任せられている。
またFeria TOKYOではワールドワイドなオーディエンスを相手にHOUSE/TECHNOフロアを担当していた。

そのDJスタイルは、Pregressive Houseを第一ジャンルとし、グルーヴと物語を軸に、自身のMashupやEditを駆使して、フロアを新譜、良曲に導くものである。

さらに、RockやNew Wave,80’s,Indie Danceなどで構成されるLounge Playにも定評があり、「Tesla Moters」新店舗オープニングイベントなどにも出演。

DJ プレイ以外には、NY発のファッション紙「NYLON」のWeb企画にオリジナル楽曲を提供するなどプロデューサーとしての仕事もこなす。また、2015年、Rambling RECORDSよりOfficial Mix CD ”EDM ZONE”をリリース。自身のオリジナル楽曲も交えたそのMixが好評を呼び、Sound Museum VISIONにてリリースパーティーを成し遂げる。