SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

TAAR

TAAR

TOKYOという常に変化するシーンに対し柔軟にスタイルを変化 させながらも一貫したオリジナリティを 追求し続ける音楽家。 リミキサーとしての評価も高く、CROOKERSのファーストアルバム「TONS OF FRIENDS」 では彼ら の直接オファーによりリミキサーに抜擢され2013年現在再生回数は80万回以上にものぼる。また、 DOMMUNE、2.5D、インターネットラジオ出演等、その活動の場は現在進行形で拡大している。自身 のトラックも国内外問わずファンが多く、SINDENからは「最も注目しているアーティスト」 と言わし め、また、オーストラリア随一のダンスミュージックサイト「IN THE MIX」においては ”これから注目 すべき25歳以下の25人のトラックメーカー” としてAvicii、Maya Jane Coles、CANBLASTER等そ うそうたる面々のなか、アジアから唯一名を連ねる。その実力は世界レベルで折り紙付きである。20 12年9月にリリースした自身初の ”完全自主生産” ファーストアルバム「abstrkt」は、 全国の大手レ コードショップで品切れが続出し、国内外のダンスミュージックを専門に扱う岩盤レコードでは発売2 週間でその年の最も売れたアルバムとなった。2013年2月にはJUN(80kidz)、Fragment 他をリミ キサーとして迎えた、シーンの壁を乗り越えたTOKYOフラッグシップ的なremixes アルバ ム”re:abstrkt”をリリース。また、同年3月のMercedes-Benz Fashion Week TOKYOにおいて、ショ ーやエキシビションの音楽プロデュースや楽曲提供も行ってお り、「次世代のTOKYO」という枠には留 まらない、世界規模の活躍が期待される。