SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

TAK-Z

TAK-Z

2004年にレゲエシンガー “ TAK-Z( タクジー ) ” としてクラブで MIC を握り始める。 アーリー・ダンスホール・テイストを感じさせる伸びやかな声とポジティブなメッセージ そして唯一無比な歌詞の世界感が話題となり、メキメキと頭角を現す。 2011年にメジャー第 1 弾アルバム「Lifetime memory」( 徳間ジャパン ) をリリース。 リード曲 “Lifetime memory” の記録的な DL 数で脚光を浴び、数々のヒット作を連発。 2012年には 2nd アルバム「A Tree Of Life」(SONY) をリリース。配信セールスも好調で 盟友 NATURAL WEAPON とのコンビネーション曲 “ 祭りのあと ” は ロングヒットを記録。 翌年、3rd アルバム「 Songs Of Life」(avex) をリリースした後、全国ツアーを決行。 ツアーファイナルの大阪なんば Hatch でのライブでは 2,000 人を超える動員数を樹立。 レゲエ史に新たな歴史を刻む。
また、ロングヒットを続ける” 祭りのあと” の続編 “ あとの祭り” を 配信リリースし 好セールスを続ける。さらには2014年にリリースの祭りシリーズ最終章 “ 永遠の祭り” は、iTunes 総合 4 位を記録した。さらに、同年末に SHINGO★西成、KIRA をフィーチャーした “ 最後のグッバイ ” で 、ジャンル を超えて幅広いファンを獲得 。
2015年を迎え、盟友 BIG BEAR と共に新レーベル『STARDOM RECORDS』を設立。
8 月には 4th アルバム「 Stardelight」をリリース。その後自身初となるワンマン全国ツアーを決行。 ツアーファイナル大阪 ZeppNamba での模様を収録した DVD を2016年4月にリリース。