SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

TAKA

TAKA

1968年東京生まれ。
日本のダンスミュージックカルチャーの草創期からそれに触れてきた彼は世界100か国を超える様々な地域でグローバルなダンスミュージックを体験してきた。
これまでその愉しみを享受する側だったのが、数多くの情報が溢れる昨今、本当のダンスミュージックとは何か、それを自分自身の経験をもとに伝える側に立つことを決意、2017年から本格的なDJキャリアをスタートすることとなった。
Tech-houseからTechnoを軸としたUndergroundな世界観を軸に、現在はJIWAJIWA Tokyoのレジデントの活動のみならず、日本各地はもとより、フィリピン、中国、台湾をはじめ各地域でのプレイでも着実に評価を得、今後さらなる活動が期待される。