SOUND MUSEUM VISION

渋谷の地下に広がるこの巨大なスペースには、さまざまな表情があります。

UZ

UZ

4年前よりサウンドクラウドにて、自らプロデュースしたトラックの数々を「Trap Shit」シリーズとしてアップしつづけ、ベース・ミュージック、ヒップホップ、ダブステップのクロスオーバーから現在のTRAPシーンの源流を作ったといっても過言でないオリジネーターがこのミステリアスなアーティストがƱZ(ウージー)である。この過程で、実にDiplo,Flosstradamus, Skrillex, Toddla T, Baauer, Crazeなど世界中で多くのビッグネームからサポートを受けたというか、実際に一目置かれた存在となった。そんな縁もあり、Mad DecentのサブレーベルJeffree’sからƱZのデビューEP「Trap Shit」はリリース。Diploはかつてこういった。“ƱZのサウンドを聞くと、ベース音と刺さるようなホーン音で腹から刺激され、いつの間にかステップを刻んでしまっているんだ”
荒削りで際立ったドラム、ミニマルなシンセ、パワフルだがリラックスできるテンポで、ƱZのサウンドは我々をうんざりさせることなく、勢いそのままに長時間パーティさせてくれる。Trapの源流がついに、ここ極東の地まで流れ着いた瞬間である。